カテゴリ:和声概念 (1)( 1 )
2017年 03月 04日
和声概念 (1) / 和声学序説:基本的前提
和声概念 (1)


 まず理論的・論理的な命題のひとつの例を示そう。
 和声学の歴史において、人間が創出する和声のことを何でも解きあかそうとして、なぜそれが可能となったのかという問いを発することが和声学の始まりだといわれる。これは、和声学とは、認識の諸段階を昇りつめ、真の実在はどれか、対象の本性は何かを尋ねようとするものであり、そうした事実を理論的にしかも論理的に説明しようとするものである、という意味である。そのためには、私たちは「歴史的・実践的実在(たとえば、大作曲家たちの創意工夫による和声的思考)はプログラミングできない」という極端な言動を慎む必要がある。というのも、現代人は、対象の検証分析を拒否する知識には事実認識を妨げる偏った見解が立ちはだかっている、と考えるからである。
 その例をいくつか挙げてみよう。

           J.S.バッハ _ Four-Part Chorales "バッハのコラール"
           W.A.モーツァルト _ Symphonie No.41 "ジュピター"
           ベートーヴェン _ Violin Sonata No.5 "春"
           R.シューマン _ 8 Novelletten Op.21 No.1 "ピアニストA.ヘンゼルトに献呈"
           ブラームス _ Symphonie No.4 "ブラームス交響曲の最後の曲"
           マスネ _ Meditation de Thaïs "タイスの瞑想曲" など

      これらは、日本の和声テキストに示された規則禁則に照らし合わせると、正しくない解決や進行、つまり規
      則違反や禁則の事象現象が次々と現れる楽曲_ということになる。

 このような人間の実践的課題の重要性から目をそらす特殊な概念規定は、意識的に、規則禁則が古典音楽や一般的な音楽においては基本的な認識基準であると見せている。つまり、虚構的テクストとしての規則禁則の地位を主観的な論述を通してだけでなく、現代の理論家たちが閉じられた構造として論じているように、一切の多様性と変化性を排除する一元化、概念の外延に関わる定義であるにもかかわらず、さして実体論的思考のない非現実的な推測や仮説を通して行なわれているのである。このように、それは蓋然性が高い和声の仕組を体系的に踏査し、理論的に説明したものではないのだとすれば、こうした概念規定が、私たちに与えていたものとは何であろうか。
  21 世紀に入り、それまで動的な本質を否定してきた`機能和声_声部の書法`の限定制約からようやく脱却し、「基本的前提」としての事実認識に達したいま、現代人はこのように考えるようになったのである。`和音の進行`の使用価値と範囲を離れれば、何の価値ももたない。経験する実体概念の認識がないなら、すなわち可能性が活動していないなら、それらは概念として静態的であり、伝統的和声の面からも破壊的である。なぜなら、現存在を明確に語るための実在検証の直接的間接的な排除は、無邪気な誤りで済まされるものではないからである。それを妥当性があるものとして操作することは明証化のゆがみを助長する。音楽人にとって、この後退的概念の規定は妥当性をもたない。
 それに加えもっと受け入れがたいことは、つまり、`限定進行`の価値は人間の思考活動によって生み出された音楽以外のものにより正当化される、という考えである。その価値を別の目的のための道具と見ることは、理性であれ共通感覚であれ、人々の合理的な経験を封じ込め偽装の論理を再演することである。また、`禁則`が正当化されるのは_ここは日本なのだから_というローカリズムの限られた領域内においてであり、和声学に関する認識基準においては実践的実在性を放棄した便法にほかならない。実際この検証分析を拒絶する`原則`は、古典音楽との音楽的な情報伝達の知的環境を混乱させている。だが、結局、分析・実技・総合を小さくしてしまう。よく知られているように、私たちの合理的な体験が棚上げにされる撞着規定の選択は、「人間の実践」によって具体的現実的に統一される「本来的な思惟」と「歴史的な存在」とは合致しない、ということになったのである。
 この時点で奇異を通り越す概念規定は、意図的な事実隠しの問題にも関係している。概念硬直を放置する一方で、次の世代が将来背負う概念的矛盾に眼をつぶれば、和声学を維持するのが難しくなる。だが、このような規定は規則禁則の妥当性を正面から問うこともせず、また自らが事実の証明に用いている特定対象と認識方法を明らかにすることもなく、「限定に準じる思考以外に方法はない」の言説を繰り返している。それゆえ、和声学基礎論は、その概念規定が「限定進行および禁則を遵守していない和声構造は、すべて美的不正である」として、古典音楽の和声が示す活動的な多様と変化を切り捨て、何ごとも無批判に従う思考に合わせた「実在性を終始隠蔽する規則主義」に陥ってしまった、と見ている。
 ルールという問題を捉える表出的認識論において、理論解説者が「歴史上の大作曲家たちはこのルールに従っていたのではない」とわざわざ注意を呼びかけているように、そうした概念的方向と視点は自明であり人々の間では常識化されている。しかもルールは、古典和声(作曲・演奏・聴取活動)そのものではなく、本来的理論としての基礎的役割から外れていることを、少なくとも単純な事実の論述に還元できない概念規定であることを常に示すことになるのである。概念の内包を明確に与える定義、それは和声全体の問題を論じる場合、基本的な認識基準にほかならない。ゆえに実体とのコミュニケーションの様態だけが事実の論述と音楽文化社会を結びつけるのである。なぜなら、それはあらゆる人に共通するものに関係するからである。しかし、私たちが古典音楽の演奏や鑑賞において経験する和声の実践原理を理論の問題に対して当てはめてみるなら、つぎのような事実が分かってくる。

 「古典音楽における和声の様式特性を保全しようとする限り、そこで検証分析される実践的実在(バロック_J.S.バッハ、古典派_モーツァルト、ベートーヴェン、そしてロマン派_シューマン、ブラームス)の和声そのものはすでに限定制約というルールの支えなしに成立していたのである」。

 和声学が古典和声の様々な現象を再生するという役割は、現象の情報伝達力にある。今まで続いていた反社会的文化的欲求の原則主義の動きが止まるのは、永々と続く古典和声の恩恵を知るときである。不明確な概念から解放されない公理を基本的前提とするために実在そのものを俯瞰できなくなっている考えを、概念的に古典的な意味での和声の正しいあり方として規定することは妥当なのだろうか? その歴史的・実践的実在という実体の多くを例外視する概念化が矛盾していることは明らかである。こうした矛盾は事実をルール化する際の対象と認識基準とのセマンティカルな問題であり、理論構成の意味においても概念の象徴化においても、和声学の知識体系が和声構造の客観的実在性を枠組としているからである。
 古典和声の様式とは、人間が歴史上において獲得した実現行為であり、ノーマルな聴感覚に裏打ちされた検証を通じて人間を豊かにする経験の対象でもある。そうした対象は、理論の基本的象徴と本質的概念となるものである。理論がその認識根拠と概念規定で人間的実現行為と結ばれているのは、個々の音楽理論家の生きた分析と総合という研究があるためである。とするなら、和声学が人間的実現行為を前提条件とする理論的探究、事実判断の拠りどころとなるような明証的な認識に到達するための実証的研究である限り、なんらかの音現象を古典和声の構成要素と認めるためには、対象の現実性と効用性とを確保した「事実であるもの」と、分析データの裏付けを欠いた「事実ではないもの」を前もって区別しておく必要がある。




[PR]
by musical-theory | 2017-03-04 14:36 | 和声概念 (1) | Comments(0)