2019年 01月 24日
基本的前提:概念枠組
06 - 概念枠組


「 和声の歴史と論述の歴史 」


 創出行為
 どのような理論分野においても、理論家が筋道をたてて論述するるコンテキストは重要な意味をもっている。理論をあるまとまったものに組み立てるためにはその対象となる事象の分析が必要とされる。分析は対象となる事象との関係だけからその正統性や存在理由を得ている。しかも、対象に存在する諸現象はそれを感受する感覚と認識の違いによってさまざまな概念を生み出すことができる。その分析規準の論拠という問題を扱わなければ議論は前に進まないだろう。たとえば、どのような領域においても概念がひとつしかないというようなことは決してあり得ない。ましてや西洋音楽の古典派様式の領域においてさえ、現象のもつ概念的方向が一様ではないことは周知の事実である。考察と分析とは、明らかに現実体験のなかにあるより創造的な実践のできるだけ近くに私たちを連れていくことを目的としている。和声学において論述される概念と定義は多くの資料を扱う言説によって構成される理論体系から逃れるれることはできない。それは人間的な知的活動を意味する。
 人間の創造性がついには絶対論にまで到達するとするならば、その理論は過去と現在だけでなく、未来のすべてを知り尽くしているということになる。果たしてそれは本当であろうか? 実践的事実に対する排他的行為という点でもっとも懸念されることは、まずその影響をこうむる人間たちの古典を介した現実的な美的体験がいとも簡単に無視されてしまう、という事態である。それは、観念的な規則主義者が主張している骨董的存在であるルールにおいては、実在する和声法の意義や価値に対する否認理由は程度を超えている。これは過度な一元化ではないだろうか? だが、芸術家にせよ、理論家にせよ、何らかの独自的な概念を実践あるいは定義において主張するとしても、次世代の芸術家や理論家そして認識者は即座にそれを乗り越え取り除いてしまうのである。とすると、そのような固定観念は遠からず歴史から消滅していくのだ。私たちの経験的な実在に直接触れるために存在する理論の現状はどうであろうか?
 そもそも作曲家にとって創出行為とは、独自の芸術をつくりあげそれ自体の必要性と可能性をもつものであった。また、創作様式のメッセージとは、たとえひとつの固定化された特性に見えるものであっても、根本的に多様な伝統文化の知恵と意味内容をもつものであった。言うまでもなく、作曲家は歴史という時空において、また実践というフィールドにおいてその機知に富んだ取り組み方を果敢に試みている。とすれば、和声学とは、その創造的な取り組み方について論述している言説や法則にある相互関係であり、それを通して知識体系が構成されている構造そのものである。理論と論理にとって「作曲家がつくりあげた創出」と「認識のために存在する考察と分析」は、互いに助け合うものなのである。一般に、科学的方法による理論は個々の事象の原因と結果との関係を多様な現象から抽出することを目的としている。

 共通感覚と事実性
 理論構築は、無制限に行われ得るのではない。それは和声そのものの存在に突き当たる。私たちはこの和声にいかなる意味を与えることもでき、また、それが和声の世界にはないもののように排除することもできる。だが、いくらもがいてもこの和声が存在するという「事実の存在」を隠すことはできないのである。同時に、和声に和声としての存在が問題になるような論理性と定義概念を与えるのは、明らかに和声学の役割であるが、規則主義者は芸術作品を美的対象として受けとめ、それ自体を「人文主義的尊厳」をもつ究極目的として扱ってはいない。問題なのは、規則主義者が歴史上の実際的な和声の世界に本当に心動かされているのか、そうではなく、個人的な美意識にもとづいて自分が描いた和声の再現に心を動かさているのか、ということである。
 現に、規則禁則の価値基準によって構造化された理論は、「“ひとつの答えを用意しよう”」と要求する観念論に準じた照合可能な現象をなぞることはあっても、実践によって具体的・現実的に統一された人間的能動性を顧みることはなかった。それは私たちの期待を大きく覆すものである。なぜなら、文化社会には独創的な創造性が多く存在しているのに、認識基準の深刻な空白をうめようとするものではなく、部分的な分析結果を普遍的なものと偽り、古典和声様式の象徴的概念にすり替えていたからである。規則主義者がいかにして画期的な前提を打ち立てたかを話題にすることはあっても、それによって学習者がどのような状況に置かれているのかを検討することもない。和声学はいわゆる知識論として、その起源・構造・体系、そして方法・妥当性を探究する音楽理論の一部門である。要するに、時代に取り残されてしまった原則の実態は、西洋の伝統的な4声体和声_混声4部合唱曲_の諸現象にさえ対応できなくなっているのである。

c0070638_21202035.gif

* Contents _ Excite_https://historicus.exblog.jp/i17/


 現代の音楽文化社会で活躍する音楽人から見れば、ずっと以前に破たんしている規則主義的体質。たとえば、J.S.バッハのコラールの多面的な声部進行を真似た受講者に向かって「何度も言っているように、この音は限定進行音だから訂正するように」「言い遅れたが、バッハの和声法は例外である、それを模倣したモーツァルトやベートーヴェン、さらにはショパンの和声法も例外になる」と主張し、代わりに規則を押しつけ現実における様々な実践の間にある差異を均質化する。和声を学ぶ人間が、「バッハ・コラール」のいたるところを指差し「規則に違反する和声がここにもそこにもある。次のページには禁則もあり、私たちはそういう和声をなぜつくってはいけないのか?」と質問をすれば、ローカライズされた和声学はきまって例外箱を持ち出してくる。そればかりか、その類いに該当する例をかき集めてはつぎつぎと投げ入れ、滑稽にもふたがしまらないほど一杯にして真顔で抱えている。しかし、この西洋の伝統的な音楽作品や文化的価値の根本問題に対するおどおどした挙動には、不自然さが漂う。「どうしてそのようなことをするのか」といぶかると、「決めたのは自分ではない」と答え、問題としては受けつけない。「では誰が決めたのか」の問いには、「分からない」と首をかしげる。さらに、「私たちが考えても仕方がないことなのだ」と言い放って終わってしまう。こうした論理的状況は、人間の根源的な美的能力と選択の自由を奪う強制、音楽文化における実践的実在の否定、社会的論理学からの非現実的な逃避、そして思考と選択の不在を思わせる。


 象徴化の過程
 和声学におけるもう一方の主人公は、教育的に特権化された諸制度による「逃げ路」というものであったのかも知れない。この筋道が通らない対応は、分析検証と事象の概念化が主軸となる理論にしては常軌を逸している。つまり、自分ですら「ルールとはどのような判断で誰によってつくられたものなのか」が理解できていないのに、そんな「あやし気なもの」を「西洋18世紀_バロック・古典派和声様式を完全解明した画期的な理論である」と言って彼等に勧めることができるのだろうか? しかも、楽譜上で視覚的に避けているだけでは良いか悪いかは言えないだろう。理論が、前提に掲げるルール規定の生成過程を説明できないということは基本的にあり得ない。もし、和声学がどういう性格か分からないものを基準に烏合の衆的な概念化を行っていたとすれば、リスク管理ができていなかったことになる。和声学がとまどうこのような状況は、音そのものによってその世界を想像している表現者へのイメージを根底から変えてしまった。これらの問題点は、音楽の歴史観や創造者の芸術性、また継起関係によって構成される和声法を常に認識している和声学にとって常に新しい今日的な課題といえよう。音楽史上のあるひとつの時代あるいはあるひとつの様式における概念規定が事実の分析に基づく定義を考慮しなければ、けして理解できないことを示しているからである。この原則は和声一般の定義にさまざまに関連している。私たちが現象の現実的な法則にアプローチできるのは、あくまでも当のモデル構成を論理的な形で理解可能にしている概念の形成過程における事実認識の根拠があるからである。たとえば、J.S バッハの音楽における顕著な特徴は声部進行の非定型的で多様な特性である。そこにおいては多数の違った導音進行が一様に実践されている。これら、和声音楽の分析や演習のための「ツール」は私たち皆のものである。
 しかし、こうした古典和声のテクスチュア全体に対して、単に一時しのぎのために用意された「例外枠組」という分裂症ともいえる極端な概念規定は、何の解決にもならない収納箱にほかならない。ここに一元的認識論の限界があると共に、それが多元的認識論の出発点でもある。すなわち、多元的認識論では数的縮減である唯一性は放棄され、限定性は個々の存在に返され、現象の多様はそのような多数の実践的対象の結合・分離として説明される。そうでなければ、J.S.バッハは人間として普通とは違う例外的な音感覚をもった作曲家になってしまう。彼の表出は機能理論の体系において定義概念の適用範囲に含まれていないということになるのか? それとも、そのコラールは特殊な書法による4声体和声であったというのだろうか? 
 西洋クラシック音楽に関わる人たちの間で、「バロック和声の事象現象」は「例外規則によるもの」という視点はどこにもない。こういった単純な説明責任が果せない基礎論の知識体系は、もっと危険なことに、実在についてのあらゆる問いを概念規定の内部基準に閉じ込めることによって、作曲家たちがもっていた常識に対して親しみがなくなり、やがて創造の世界とは行き来が途絶えてしまうのである。少なくとも理論的思考が実体的思考への配慮を忘れたなら、その理論は実質的内実を見失うであろう。つまり私たちは、一般的に熟知されている根本体験に立ち会って見とどけることもせず、古典的公式に関わる基本知識は「規則」であって、それ以外は「揺れ」だといってとりすましているわけにはいかないのである。さらに文化社会が認める芸術作品において繰り返し表出された実践であるのに、それは世界の人々によって広く共有されている概念と認識であるのに、それを不快な響きとして扱う概念規定は、誰が考えても素養ある人間の穏当な言説とはいえない。その点に気がついてみると、和声学の理論構成が現実の実践的存在より優位に立っていた時期と、和声学の論述が創出的な関心を無視していた時期を経て、ようやく認識根拠とその過程に平衡感覚を取りもどす時がやってきたとしても、そう不思議ではあるまい。
 ともかく、象徴的概念に対して合理的経験論に依拠するチェック機能も働いていない概念規定が、たとえ以後すべての課程を先導したところで、その視点は理論的考察それ自体の無意味を示す科学以前の原則に堕する恐れがある。概念化された規定行為の結果がどのようなものであれ、現代の理論家は宗教的な神の意志や前時代の旧態理論、あるいは規則禁則の盲信と誤解にすべての責任を転嫁することはできないのであり、理論家自身が全身でその負担を背負う必要がある。この意味において、和声学に求められているのは、理論の体系的構造のみならず、理論を構成する人間の思考や論理までも照らし出す、「歴史的実在に関わる事実存在」および「実践的実在の本質存在」と不可分に結びついた認識論であることは言うまでもない。


 新しい理論基盤
 いずれにしても、西洋の理論史が私的な受容性にしか関わらないと捉える規則主義者によって、日本人に合った画一的マニュアル嗜好に改ざんされ、選択肢がほとんどない概念化と実践の目的と方向性、現実に存在する表出法の歴史的経緯に関わる視点を放棄する分析状況に対しては懐疑的である。和声学の学問的価値が、完全に芸術作品と切り離されたものにより正当化される、という苦しい説明はあまりにも説得力がないことも分かっている。結局、芸術概念の共通の感覚を理論と演習から分離した教程は、古典音楽の実際を規則禁則という限定的否定的な定義でその善し悪しを対比したことで、人間の美的認識と現実体験を骨抜きにし、貧しくするという結果に終わったことも確かに承知している。しかし、概念規定の新たな方向づけのために歴史に関わるソースプログラムを導入し、現代の音楽文化社会に適応する思い切った理論の再編を主張することにはためらいがある。とはいえ、「和声とは何か」という本質的な問いがきわめて核心的なため避けて通れないことにもはっきり気づいている。それは、どんな時代に生まれても、自分で獲得するしかないものである。どんなに社会的多様化が進んだとしても、自分意外にそれを解決する者は存在しない。いま彼等は苦境にある。必要なのは規則禁則そのものではない。唯一性の概念でもない。確かな和声学情報にたどり着く方法をいかに多く知っているか、である。
 理論家を志す次世代を担うであろう人間たちは、「古典音楽の事実は直接関係がないこととして排除する機械論的な概念枠組の解体撤去」が、また「何もせずじっと座っていて、基本的現象の生きた概念定義が何処からかやってくるようなことは決してないという道理」が分かっている。そして、学問的方向の現実的な可能性はいくつもあるはずで、そのどれにでも連係できるハイレヴェルのシラバスづくりが必要なことも、十分に理解している。たしかに、古いプログラムソースであるにもかかわらずハードディスクのパーティションもなく、メモリ(分析資料)不足、突然のクラッシュ(公理矛盾)に悩まされる不安定なシステム、いまどきめずらしいモノクロ2階調(長短調)だけのカラー・テクノロジーにしか作動しない錆び付いたアプリケーション、事象の質的差異(変化発展)の問題を美学的な様相(正誤判断)の基準にしてしまう検索機能、さらには、理論や演習内部に打ち捨てられアップデート(定義変換)もできないソフトファイル、電源(関連情報)も入らなくなったインターフェースを含め、「新しいシステムコールのセット・アップ」を考え始めたのである。最近こうした問題解決のための準備作業の例は数多い。原則という規則禁則の弱体化の弊害によて深刻な概念規定に行き交う魅力が減じてしまう一方で、基礎論の専門分野に事実存在(芸術作品に立ちあらわれる事象現象)、つまり、本質存在(可能性を思考選択する創出行為)とそれとの対話を掲げる実証的研究が登場し、それによって実体概念を思索できる理論環境が生み出された影響は予想以上に大きい。
 要約しよう。
 かつては、規則決定者のための原則、あるいは、論理性を踏まえない無性格で無味乾燥な規則禁則、と皮肉られてきた概念規定が、もの言う新しい時代の研究によって変わりはじめ、すでに現象の多様を形成する多数の構造を語るために、その論述を可能にする何らかの基本的前提を設けるようになった。和声学は、歴史的経緯を視野に入れた理論構成の動きに加え人々の関心も高まって、必然的に実践的実在と正面から向き合うことを迫られている。現代的なパラダイムとは、まさに和声の歴史と論述の歴史を結び付けることにほかならない。とすれば、それには本来的で歴史的な実体と矛盾するマニュアル化された疑似体験ではなく、「思考範囲を部分から全体に拡げるための認識方法と基本的基準」しかも「現実的実在をより多角的に捉える思考の概念的方向」という説明的思惟が必要になる。その両者の意義は、象徴的な概念規定のネットワークを組んでいく過程において構造の原理を明らかにすることがコンテクストを通して可能になる点にある。それと同時に、私たちが現実に体験する芸術作品に創出された和声法すべての存在理由が、理論史の全体像を通して理解できるようになったのである。
 確かなことがひとつだけある。
 今日のメディア情報のもとで、経験的実在を読みとり例証をふまえた概念的定義的裏づけがある以上、理論体系が、禁則規定の事由を厳密に論述し得る新しい理論基盤への移行は揺るがない、という時代の流れを見定めることであるが、そのためには検証分析の現場に出て実践的事実を学ぶこと以外に道はない。幸いにも、社会の動きが和声学に対して「このままでいいのか」と自省するチャンスを与えてくれている、ということである。






by musical-theory | 2019-01-24 12:36 |     06 - 概念枠組
<< 基本的前提:分析状況 基本的前提:限定以前の基本現象 >>